”馬のまち”北海道・浦河町への移住情報をお知らせするポータルサイトです。
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

浦河町のふるさと納税で冬のちょっと暮らしを体験しませんか?

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、生まれ育ったまちや愛着のある地域に寄付すると、税金が軽減される制度です。(詳しくはこちら→総務省ふるさと納税ポータルサイトをご覧ください。)
浦河町では、1回1万円以上のご寄附をいただいた浦河町外にお住まいの個人の方に、まちの特産品をお礼の品としてお贈りしています。
(詳しくはこちら→浦河町ふるさと納税のご案内をご覧ください。)

5万円以上の寄付で「冬のちょっと暮らし体験」もできます!

1回5万円以上のご寄付をいただける浦河町外にお住まいの個人の方は、「冬のちょっと暮らし体験」もできるようになりました。
この機会に是非ご利用ください。

【うらかわ冬のちょっと暮らしの内容】
 ≪申込受付期間≫2015年  9月1日~2016年2月29日
 ≪利用可能期間≫2015年10月1日~2016年3月31日

(1)1回5万円以上の寄付で体験できるプラン
  ●うらかわ暮らし体験E住宅1週間(6泊7日)利用無料(光熱水費込)
  ●浦河町内の飲食店で使えるお食事券5,000円分(お店は選べません)

(2)1回10万円以上の寄付で体験できるプラン
  ●うらかわ暮らし体験E住宅1週間(6泊7日)利用無料(光熱水費込)
  ●浦河町内の飲食店で使えるお食事券5,000円分(お店は選べません)
  ●レンタル布団1週間分(6泊7日)2組分利用無料
  ●レンタカー5日分利用無料(車種は選べません)

※浦河町までの交通費は自己負担となります。
※ご利用には事前予約が必要です。

お問合せ・お申込み先 企画課移住交流推進室 TEL:0146-26-9013

うらかわ冬のちょっと暮らしの魅力

北海道で「冬のちょっと暮らし」といえば、雪が多くて、寒くて、大変。というイメージがあると思いますが、浦河町は北海道の中でも雪が少なく、比較的温暖なため、北海道の冬初心者の方でも安心して「ちょっと暮らし」を楽しんでいただくことができます。

うらかわ暮らしでの楽しみのひとつである乗馬も、町営乗馬公園の覆馬場で冬でも気軽に楽しむことができます。

雪が降った日は、雪上での乗馬を楽しむことができるかもしれません。

運が良ければお散歩中に天然記念物のオオワシやオジロワシを見る事ができるかもしれません。

脂ののった海の幸も豊富な時期です。

空気の澄んだ冬は、星空もこんなに綺麗に見る事ができます。

滞在住宅は、平成25年度に建築した新しい住宅です。木のぬくもりで冬でも暖かく過ごしていただけます。
(今回は光熱水費込みとなっております。)

家具や家電、食器が備え付けられていて、すぐに生活がはじまられます。(旅館業法に抵触するため寝具は備え付けていませんので、ご持参するか、布団レンタルをご利用ください。10万円以上のご寄附をいただいた方にはレンタル布団2組分もセットになっております。)

お問合せ・お申込み先 企画課移住交流推進室 TEL:0146-26-9013

【お問い合わせ先】

浦河町役場

企画課移住交流推進室

〒057-8511

北海道浦河郡浦河町築地1丁目3番1号

TEL:0146-26-9013(直通)

FAX:0146-22-1240

Mail:ijuturn@town.urakawa.

hokkaido.jp

Mobile

左記のQRコードを対応する携帯で読み取ると携帯用ホームページを表示します。