自然・景観

  1. ガリヤゾーンとオホーツクタワーを結ぶ紋別港第3防波堤、通称クリオネプロムナード。途中、かわいいあざらしが迎えてくれるあざらしプールと潮のみちひきであざらしの鳴き声を再現したトッカリの笛があります。夜間にはロマンチックなライトアップ照明がほどこされ、素敵な紋別の夜を演出しています。今まで港にあって欲しいと思っていた機能を取り込んだ新しい防波堤です。
    作成日:2012/03/09最終更新日:2012/04/06
  2. オホーツク海に面した丘陵地帯にある野鳥の楽園コムケ湖。ここには、オオハクチョウ、コハクチョウ、オジロワシ、アオサギ、ノゴマなど約200種類もの珍しい野鳥が飛来するので、バードウォッチングに絶好のエリアです。また、コムケ湖の周辺には、小向原生花園があり、夏にはハマナス、コケモモといった高山植物が咲き、秋には真っ赤なじゅうたんを敷き詰めたかのように広がるサンゴ草群落を鑑賞することができます。紋別の野鳥と野草の楽園です。
    作成日:2012/03/12最終更新日:2012/04/06
  3. 市街地の北西、渚滑川をはさんだ海岸線に1キロにわたって続く花園、オムサロ原生花園。オホーツクの夏を色鮮やかな花たちが彩る自然の宝庫です。真紅のハマナスをはじめとする約50種もの美しい原生の草花がみる人を魅了します。もしかしたら、シロバナハマナス(白い花びらのハマナス)が見られるかもしれません。また、冬は流氷を眺望することができ、釣客にも人気のスポットとなっています。
    作成日:2012/03/12最終更新日:2012/04/06